廃車引取

廃車にお金をかけたくない人必見!【無料で車を廃車する方法】

自動車を処分するときには、解体や手続きなどに様々な費用が掛かります。しかし、それぞれ上手に行うことで出費を最低限に抑えるどころか、無料で自動車を処分できる方法があるのです。

 

まず、自動車を解体するときに費用を抑える方法をご紹介します。解体業者は、リサイクル法に基づいた部品以外の車のパーツは鉄スクラップとして買い取ってくれます。この金額はたいていの場合、解体費用と相殺されるので解体費用はほとんどかかりません。それどころか、鉄相場が良いときに解体を依頼すれば、鉄スクラップ代金が戻ってくる可能性もあるのです。さらに、解体工場に自分で車を持ち込むことができれば、引き取りに使うレッカー代もかからずに済みます。自動車の解体をお得にしたいなら、自走できる自動車を鉄相場がいいときに持ち込むのがベストです。

 

続いて、車のリサイクル法に基づいて義務付けられているリサイクル料金です。これは、本来ならば自動車を購入、登録した時に支払っているので自動車を処分するときには支払う必要はありません。中古車で買っている場合も、前の持ち主が支払ったリサイクル料が持ち越されているのでご安心ください。万が一、購入時にリサイクル料が支払われていなかったときにのみ、この費用が発生します。これは車を持っている人には義務付けられているのでご注意ください。

 

次に、車を処分したことを陸運局に申請する手続きの費用についてです。この手続きは、所定の書類を用意し陸運局申請するという流れです。一見複雑な申請に思えるためか、行政書士に代行を依頼する、文書作成だけ頼むなどの方法を取る人が多いのですが、自分で書類作成や申請を行えば、用紙代の数百円だけで届け出をすることができてしまうのです。書類の作成方法や申請の仕方を調べて、自分で行うことが書類手続きを安く行うポイントです。

 

このように、いろいろなやり方を工夫すると車の処分はとても安価に行うことができます。ただし、時間や手間がかかることが難点です。

 

時間はない、けれど安く車を処分したいという方は廃車買取業者での処分を検討してみてはいかがでしょうか。動かない車、事故車だから買い取ってもらえないと思っている方は多いのですが、廃車には思ってもみない買取価格が発生する場合があります。その買取代金と費用が相殺されれば無料で車を処分することも夢じゃありません。もちろん、解体や引取、書類の手続き代行なども行ってくれるので、とても簡単に廃車処理を行うことができます。