廃車 引き取り 費用

あなたは車を廃車にするのにお金を払う?それとも無料で廃車にする?

長期間乗っていた車を手放すときに、中古で販売するほど綺麗ではないという場合に行わなければいけないのが廃車の手続きです。そのまま置いておいても場所を取りますし、車検が切れてしまうと公道を走らせることができなくなってしまいますので、処分してしまった方が良いと言えます。新しく車を購入する場合にはそのディーラーに、もう車は乗らないという場合には専門の業者に依頼するというのが主な方法になります。しかし、無料で行えるというわけではありません。リサイクルの観点から、もう乗らないという車は処分をするために費用が必要になってしまいます。車種や処分をどこに依頼するかによって費用は変わってきますが、2万円前後が相場になると言われています。

 

その内訳は、車の解体と陸運局などで登録を抹消するための手数料、車を引き取りに来てもらう場合には、そのための費用が掛かってしまいます。登録の抹消や自分で廃車にする車を持ち込みすることができれば、それらは無料になりますので、もう少し安く抑えることもできます。また、現在ではほとんどの車がリサイクル料金を事前に支払ってありますが、リサイクル料金をまだ支払っていない場合には軽自動車で8,000円程度、普通車で10,000円程度、外国車で20,000円程度が別途必要になってきます。これも車種によって金額は変わってきますので、参考程度の価格になります。

 

近年では、もう乗らなくなる車のためにお金を払いたくないという人と業者のニーズが合致して、無料で引取りを行ってくれる業者も増えてきています。所有者が「もう乗れない、乗らない」と思っている車でも、海外では丈夫に作られていて故障が少ない日本車の需要が高いのです。日本では「走行距離10万キロ、10年乗り続けた車」は買い替え、処分の対象だという認識もまだまだありますが、海外ではそれらの車もまだまだ現役で走り続けています。そのため、所有者が廃車にする車を引き取って輸出を行っても利益が出ますので、業者による無料での引取りが行われているのです。また、どんどん新しい車が製造されるため、古い車を大事に乗り続けている人のための部品の供給が終了してしまうことがあります。そんな場合に安く手に入る車の需要があるので、無料での引取りを行ってくれる業者が増えてきています。車種や車の状態によっては買取を行ってくれるケースもありますので、まずは業者の見積もりを依頼してみましょう。